神社参拝の作法

 身支度をととのえて鳥居をくぐり参道を進みます。

神社にお参りするときは、まず入り口の鳥居のところで衣服を整え、一揖(会釈)をし、心を引き締めて、境内に入りましょう。

他人の家へ入るときには、「ご免下さい」「お邪魔します」などと挨拶するのが常識であるのに、神様の鎮まります神社へは、何の挨拶も申し上げずに、ズカズカと入るのはまことに失礼なことです。


手水舎で手を清め、掌(たなごころ=手のひらのこと)に水を受けて口を漱ぎます。
                
(ひしゃくに口をつけぬように) 
 
1、右手で柄杓(ひしゃく)を取ります。

2、水盤の水を汲み上げ、左手にかけて洗います

3、柄杓を左手に持ちかえ、水を汲み上げ右手を洗います。

4、再び柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受けて溜めます。

5、口をすすぎます。柄杓に直接口をつけないようにしましょう。静かにすすぎ終わって、 水をもう1度左手に流します。

6、最後に柄杓を立てて、残っている水を流しながら、柄の部分を洗うように心がけ、伏せてもとの位置に戻します。
あらかじめハンカチや懐紙(ふところがみ)は、端をつまむ程度でとれるようにしておくとよいでしょう。

 神前に至り、お賽銭をあげます。
 二拝(二度、ていねいに、お辞儀ををします)
 二拍手(二つ手を打ち合わせます)
 一拝(一度、ていねいに、お辞儀ををします)



これが一般参拝の作法ですが、特に感謝、報告、祈願、誓等を申上げる時は、形にとらわれず真心をこめてなさればよろしいのです。
又、初宮詣、七五三、入学、卒業、就職、家内安全、海上安全、交通安全、等の特別の祈願の時には、受付に住所氏名を通じ、初穂料(又は玉串料)を奉納して願いでますと神職が案内して拝殿内で御祈願(祈祷)の参拝ができます。